トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Bluewaterのホームページへようこそ。


定休日 毎週水曜・木曜
 営業時間 AM10:00~PM8:00 (最終講習スタート PM7:00)

BLUEWATER ダイバータグ

100ダイブ以上50ダイブごとに会員の方に、記念に差し上げます。

100ダイブ  アメジスト       神秘・霊性・信頼

200ダイブ  ガーネット       忍耐・カリスマ性

300ダイブ  ペリードット      楽観・明瞭・友愛

400ダイブ  ロードナイトガーネット 活性化・実力発揮

500ダイブ  ブルートパーズ     頭脳明晰・聡明

600ダイブ  タンザナイト      決断力・直感

700ダイブ  ダイアモンド      愛・覚醒

800ダイブ  ルビー         情熱・生命力

900ダイブ  ブラックダイアモンド  征服・宇宙・吸収

1000ダイブ エメラルド       聡明・癒し・優美・成功

 

150ダイブ以降250.350等には、 シトリントパーズが追加されます。

 表面   裏面

925シルバーに手彫りで製作しますので3週間ほどかかります。天然石使用のため色のバラつきがあります。 裏は、達成ポイント・日付け・本数・氏名が打ち込まれます。


      2018年ロングツアー予定

  • 2018年1月      沖縄 
  • 2018年2月      セブ
  • 2018年3月      セブ
  • 2018年4月      沖縄 久米島
  • 2018年5月      沖縄 慶良間 ポナペ
  • 2018年6月      セブ  6/20-23
  • 2018年7月      沖縄 7/7-9 セブ 7/11-14   
  • 2018年9月     トラック 9/22-26 
  • 2018年10月     セブ
  • 2018年11月     沖縄 
  • 2018年12月     パラオ  
  •      

 ほんの少しだけ、貴方の世界を広げませんか? 私達の星には、海と云う素晴らしい世界があります。この世界を楽しむ為のお手伝いが、ブルーウォーターには出来ます。貴方がおいでに成るのを心よりお待ちいたしています

リンク



シュノーケリングインストラクターコース 新設
シュノーケリングとは、シュノーケル・マスク・フィン・ライフジャケットを装着して、水面に浮かびながら海中の世界を見て楽しむレジャーのことです。
マリンレジャーの中でも特に、大人から子供まで、手軽で安全に楽しめます。。
泳げない・泳ぎが苦手・体力に自信のない人でも、楽しむことができます。
この人たちに安全な、遊び方を指導できる指導法を学びます。


『プロダイバーを目指す方へ』
“インストラクター養成・プロコース

ブルーウォーターではショップインストラクター、リゾートでのガイドダイバー、週末や
GWに活動するサポートインストラクターやショップ開業を目指す方まで徹底指導で養成し
ています。
プール、海洋講習、ファンダイブにおいてプロとしてのノウハウを納得するまでご自分の
ペースで学んで頂けます。ダイビングレベルは問いません。未経験の方はライセンス取得
から丁寧に養成します。
プロコースはマンツーマンでの指導となりますので受講は男女各1名ずつの2名限定です。
先日、男性受講生が卒業してインストラクターになりましたので、9月から男性1名の受
講が可能です。
期間・料金等詳細は電話又はメールでお問い合わせ下さい。


バゲージ

器材の詰め方
安全にコンパクトにダイビング器材をバッグに詰める為に。


効率よく安全にダイビング器材をバゲージしたいものです。いくつかの注意したいポイントがありますのでお知らせいたします。

重さについて ダイビング器材の重量はおおむね11kg前後になりますので参考にしてください。もちろんここの器材によりその重量は、かなり23キロぐらい変動いたします。主に使用するウエットの厚みやBCのメーカーなどによるところが大きくなります。あとバック自身の重量も計算に入れてください。海外の場合重量の加算は非常に大きくなります。もうひとつ忘れていけない注意が、BC等のポケットの中に追加のウエイトなどが入っていないか確認してください。

乾燥について 器材が濡れているとかなり重くなります。さらに水滴が確認されると搭載が拒否されます。ウエットが入るサイズのビニールの袋を2枚ほど用意いただくと安全です。ウエットスーツは、タオルなどをはさんで、足で踏むなどしてもかなり観想できます。その後スーツケースに乗せてエアコンの風に当てるようにすると、乾燥が進みます。

電池などについて 充電式通常の電池を問わず、トーチなどの中に入れっぱなしにしないようにしてください。取り外したバッテリーは、機内持ち込みでお願いいたします。

小物について 曇り止め支持棒等小物があると思います。これらのものは巾着袋などに収めていただくと散らばらないですみます。散らばると思わない故障の原因になることがあります。

圧縮袋の利用 ダイビング中に使用するタオルや日焼けよけのパーカーなどを収納するのにひとつ用意されると便利です。

緊急用品について フローと名度水中に持ち込んでいますので中に海水の浸入があります。真水で洗浄の上タオルなどで拭いてください。できればフロートなどは別とにジップロックなどの密閉可能なものに入れておいてください。ロープ類も洗浄の後にタオルなどで拭き、乾燥後ビニールの袋に入れて収納してください。

トランクなどの、仕切りやベルトなどで、不要に動く事が無い様にとめて、はみ出しやかみこみが無いことを確認してください。ダイブコンピューターなどは別途に管理して機内に持ち込まれるほうが安全です。海外のバゲージは必ず施錠してください。

グローブをフインのポケットに

            

フィンのポケットにグローブや曇り止め等を入れておきます。

もうひとつに、マスクをスノーケルを外して入れます。

トランクにフィンを入れます

            

隙間にブーツを入れてください。

スノーケルは、中央ではなく端に入れます。


BCのワンタッチバックルを外します


 

バックルを外すとコンパクトになります

         

こんなに小さくなります。

           

メッシュバックは裏にして、ポケットに入れ込みます

ファスナーを閉めると

           

レギュレーターのファーストやセカンドが、フインの間に来るように、収納

            

先ほどのメッシュバックを上にのせてクッションんにします。


完成です。反対側にウエットなどを入れましょう。